忍者ブログ
2人のオタッキー大学生による、東奔西早スクールライフAVB(アドベンチャーブログ)
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はいい加減絵をアップしようと思っていたのですが、盛大に着色に失敗しました。軽く落ち込んでいます。線画段階で無理があったのか塗り自体のミスなのか。塗りはリトライするつもりですが少なくとも今日は気力的に無理になってしまいました。ヘタレだ。

そんなわけでその後は覚悟を決めて一日中ひぐらし。そういえば推理を披露するって言っていましたしね。しかしこのゲーム、各シナリオが長くて読むだけなのに総プレー時間が20時間を超える勢いです。っていうか多分現時点で越えています。なげぇ。自作の推理ノートは現時点で7ページびっしり書き込みという地味な量を誇っています。とりあえず暇つぶし編の途中。これが終わったらもう一度とばし気味で読み直して推理、です。

土日二日間も暇なんだから何かしらのネタは用意できるだろーと思いつつ「絵」と「推理」の両方が片付かず当てがはずれてしまったのですが、部会に顔を出したときに読んだある漫画が衝撃的におもしろかったので紹介しときます。やはり部会には顔を出しておくものですね。

「エルフェンリート」です。何を今更ってくらい有名ですね。

私もこの漫画の存在自体は高校時代から知っていたのですが、この漫画を非常に好きな友人が非常に相性の悪い奴だった(多杉)ので何となく読むのを避けていました。さらに言えば絵柄も好きではないですし、エロい内容に猫耳という狙いすぎな設定が良くない先入観を与えていたのかもしれません。

すいませんでしたm(_)m

確かに気持ち悪い内容ではありますがこの作者は天才としか思えません。本編自体よりも1巻の巻末の読み切りを読んだときに強くそう思いました。こんな漫画を一度でも在学中に描けたら、いや、友人が描いたのを見るだけでも良いです。プロの世界だってすぐ近くにある、なんて確信が持てると思いました。ベタ褒めしすぎましたかね?好き嫌いがはっきり分かれそうなタイプの漫画(というか作者)だと思いますが。私は気に入りました。5巻以降を読むのが楽しみです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
エルフェン好き、岡本倫好きが増えるのはいいことだと思います。

今度DVD持って行くよー。
LMD 2006/11/20(Mon)01:59:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ぷー太&とんがりポット
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
x-y平面の点の軌跡を眺めること
自己紹介:
オタク大学生の日常と非日常を暴露しちゃうブログ

ぷー太:絵師見習い
 属性:金髪&ツインテール

とんがりポット:声優専門家
 属性:黒髪+オーバーニー(幼馴染ならなおよし)
最新コメント
[05/16 S.O.L]
[04/19 S.O.L]
[04/09 なべ]
[03/28 S.O.L]
[03/13 S.O.L]
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]