忍者ブログ
2人のオタッキー大学生による、東奔西早スクールライフAVB(アドベンチャーブログ)
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは、ようやく年始の休み酔いと、リアル酔いもさめて気分上々なTPです。

昨日、自宅の冷蔵庫が壊れました。ほんとヤレヤレです。自分も新年早々酷いことになりましたが、それが我が家に伝染したのでしょうか?とにかく、これが2007年の不幸の始まりでした、なんてことにならなければいいのですが…
ちなみに、我が家の電化製品群には骨董品が数多く存在しています。例えば、掃除機・エアコン×2・電子レンジ・石油ストーブは、私よりも年上です。そのほか、洗濯機は事情により未だに二槽式を使用していますし、風呂の湯沸かし器は、最近まで手動式でした。さすがにガスですがw。

さてさて、本題に入りましょう。ついに(といっても年明け前ですが…)C.D.C.D.(サーカス ディスク クリスマス デイズ)を手に入れました。このゲームは、5つの作品の特定キャラの、主にアフターストーリーを描いたものということなので、既にプレイした“D.C.~ダ・カーポ~”、“D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~”の2ストーリーをやってみました。以下ネタバレ含むんで、見たい人だけどうぞ

まずはD.C.Ⅱ編。これはアフターストーリーではなくクリパ前の話なので、プレイしていて若干違和感がありましたね。音姫が買ってきた幸せになれるというフルーツを食べた音姫・由夢は、今まで心に秘めていた義之への想いを前面に出し、イチャイチャいちゃいちゃしはじめます。風呂に乱入してきたり夜這いしたり、そして最後には3Pまで…
だがしかし、これは全て義之の夢だったのです!!ですが、義之は他人の夢を見れる能力の持ち主。だれの夢だったのか考えていると、廊下で遭遇した由夢は顔を真っ赤にして逃げ出し、台所にいた音姫からは追い出されてしまいます。ま、つまりは3人とも同じ夢を見ていたというわけですね。こういうのを集合的無意識って言うんでしたっけ?

そしてD.C.編に突入。これは完全な、ことりアフターでした。付き合い始めてから2年後の冬の物語です。自分に対して純一は最近冷たいんじゃないかと思い始めたことりは、親友のみっくん&ともちゃんにどうしたらいいのか相談します。妄想超特急の2人は、純一を振り向かせる作戦をあーでもないこーでもないと言い合いますが、結局ことりの眼鏡にかなうものはみつかりません。杉並からの嘆願書騒動などがあり、ことりはますます不安になります。
そして、クリパ当日。純一は杉並を出し抜き逃亡し、バイトでためた金を使い予約した高級ホテルにことりを招待し、らぶらぶな一夜を過ごすのでした。

どちらもなかなか面白く、笑わせてもらいました。ですが、登場キャラが少なかったのが残念です。ギャラけちったな~!!ま、いいですけどねw。
で、残りの3本ですが、正直迷ってます。原作を先にやるべきか、原作なんてどうでもいいからやってしまうか。とりあえずはプレイしない方向でいこうかなと思っていますが…でも世那の声聞きた~い。CVは音ちだしw

>山像 樹さん  早速漫画を拝見させていただきました。
そのとぉ~り(笑)
自分のことだとわかっているのに、思わず吹き出してしまいました。ま、私はニートではありませんがw
これからも面白い漫画を期待していま~す。
そういえば、教え子から年賀状がきてましたねぇ。「今年も来てね~!」って
夏が楽しみだな~!!

それでは、また。さいなら~

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ぷー太&とんがりポット
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
x-y平面の点の軌跡を眺めること
自己紹介:
オタク大学生の日常と非日常を暴露しちゃうブログ

ぷー太:絵師見習い
 属性:金髪&ツインテール

とんがりポット:声優専門家
 属性:黒髪+オーバーニー(幼馴染ならなおよし)
最新コメント
[05/16 S.O.L]
[04/19 S.O.L]
[04/09 なべ]
[03/28 S.O.L]
[03/13 S.O.L]
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]